【釧路倶楽部は

     なぜ靴を脱ぐスタイルなの?】

 

 釧路倶楽部では、ご自宅や旅館などに滞在しているときのように靴を脱ぐスタイルのカフェ&レストランです。

                       

 

写真は京都の清水寺近くの京町家を改装したスタバ。ここでは畳の部屋があり、その部屋は靴を脱ぐ形態になっているようです。

靴を脱ぐと、リラックスできるんですよねぇ~。

 

世界のスタバも日本で靴を脱ぐ方式を選んだのは、日本人がリラックスできることを知っているからではないかしら・・・? 

(写真の出所)

http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/25/story_n_17287536.html

 

2018年の新しいお化け屋敷「怨霊座敷」。

なんと「靴をぬぐ」形態なんです。

 

東京ドームの遊園地エリアにオープンしたお化け屋敷も靴を脱ぐという今までにない形態を選びました。

 

日本人って靴を脱いで生活していますから、最高のリラックスなのかもですねぇ。


釧路倶楽部の店内。

さすがに畳ではありませんが、無垢のフローリングやふっくら絨毯は素足であるくととっても気持ちいいです。

 

釧路倶楽部では、3月21日(水)から、靴を脱ぐ形態はそのままで、スリッパを廃止することと致しました。

靴下でフローリングや絨毯を歩いてみて下さい。

気持ちいいですよ~!

【お知らせ】

釧路倶楽部では、「マイスリッパ」のキープを3月21日(水)から始めます(ただし、釧路倶楽部に何度も継続的にご来店され、店主が勝手に常連様と判断させて頂きましたお客様限定の”特別サービス”)。

・スリッパを履いていたい

・靴下は着用しない

などなどの方にオススメです。